1
Editions M.R / エディションズ エムアール

2009年にMathieu de Ménonville (マティユ・ドゥ・メノンヴィル)とRémi de Laquintane (レミ・ドゥ・ラキャンターヌ) が立上げたパリのメンズブランド。パリを拠点とし、クラシカルなスタイルとモダンが重なりあったシンプルで洗練されたパリジャンのワードローブを発表しています。伝統的なフランスの技術をもとに、ベーシックでありながら、シェイプやディテール、ファブリックなどをこだわり抜き、コレクションのほとんどはフランスで作られています(シャツはポルトガル、特にジャケットやアウター類はフランス最古の工場で生産しています)。また、シンプルで上質なアイテムを生み出すのと同時に、ストーリー性を大切にする彼らは、オンラインのエディトリアルプラットフォーム「Chambre 42」をHP上で立上げています。ここでは、毎月気になるアーティストや映画監督、作家などを呼んで1時間ほどインタビューし、その動画を公開したり、ブランドのインスピレーション源になる映画や文学、写真なども公開しています。「Chambre 42」では、彼らのクリエイティブ性を垣間みることができるツールとなっています。2010年には、マレに最初の店舗をオープンし、2012年にはサンジェルマン・デ・プレの9 rue Madameに2店舗目をオープン。プレタポルテのコレクションに加えフランスメイド・セミオーダーのコスチュームラインをスタートし、2016AWよりブランド名を「MELINDAGLOSS」から、MathieuとRémiのM.R=2人で編集/エディションしていくブランドにしようという思いが込められた「Éditions M.R」に変更。

HP: http://www.editionsmr.fr/fr/
Chambre 42: http://www.chambre42.editionsmr.fr/

【Shop Info】

INTERNATIONAL GELLERY BEAMS
東京都渋谷区神宮前3-25-15
TEL 03-3470-3948

BIOTOP
東京都港区白金台4-6-44
TEL 03-3444-2421

H BEAUTY&YOUTH
東京都港区南青山3-14-17
TEL 03-6438-5230

VIA BUS STOP 青山
東京都港区南青山5-3-2
TEL 03-6427-3021

VIA BUS STOP MUSEUM
東京都渋谷区猿楽町28-14
TEL 03-5459-1567

VIA BUS STOP 東京ミッドタウン
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア2F
TEL 03-5413-3696

JACKET REQUIRED 表参道店
東京都港区北青山3-8-18 2F
TEL 03-6427-1961

HOMEDICT
東京都渋谷区神宮前5-13-3
TEL 03-5774-1680

martinique MARUNOUCHI
東京都千代田区丸の内2-2-3
TEL 03-5224-3708

AMERICAN RAG CIE 新宿フラッグス店
東京都新宿区新宿3-37-1 FLAGS2F
TEL 03-5366-5425

阪急MEN’S TOKYO
東京都千代田区有楽町2-5-1 4F
TEL 03-6252-1381

UNLIMITED
愛知県名古屋市中区栄3-23-24
TEL 052-251-6680

martinique Le Conte UMEDA
大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア イーレ3F
TEL 06-6456-2248

VIA BUS STOP HERBIS PLAZA ENT
大阪府大阪市北区梅田2-2-22 HERBIS PLAZA ENT B1F
TEL 06-6343-7135

BIOTOP OSAKA
大阪府大阪市西区南堀江1-16-1 メブロ16番館 1/2/4F
TEL 06-6531-8223

CAVE
大阪府大阪市西区南堀江1-11-9 SONO四ツ橋ビル102号
TEL 06-6543-0320

AMERICAN RAG CIE 大丸神戸店
兵庫県神戸市中央区明石町40 旧居留地38番館3F
TEL 078-334-4055

BEAMS Hiroshima
広島県広島市中区本通3-10 1F・2F
TEL 082-544-2961

ROD
鹿児島県鹿児島市中町4-7 Space Lab 1F-B
TEL 099-226-2115

MIRABELLA

EYESCREAM.JP 2016.5.30up

2
2016AW Editions M.R Look

Editions M.R 2016aw Press Preview

1
2
3
4
5
6
5/24(Tue)&25(Wed)の2日間、外苑前にあるEATME GalleryでEditions M.Rのプレス展を開催しました。16awよりMelindaglossというブランド名をEditions M.Rに変更した第1弾のプレス展には、とても多くの方々にお越しいただきました。名前が変わることもあり、取材をみっちり詰込んでしまったにも関わらず、彼らは嫌な顔1つせず、というよりも、多くのプレス関係者と直接ゆっくり話しができることを喜んでいたくらい。さらに、展示会の準備では、デザイナー自らアイロン掛けをしたり、準備も率先して行ってくれるなど、本当に良い人達。ご飯を食べに行った時なんて、絶対お酌はさせてくれないし、ご飯も取り分けてくれるジェントルマン。パリはレディーファーストな国だから、彼らにはそれが当たり前のことで、自然なことみたい。こんな待遇してくれるなら、パリに住みたくなる。。。笑。話しが脱線してしまったが、それくらい人柄も良く、ナイスガイ達なのです。そんな彼らが作るコレクションも、カジュアルだけどどこか品がある上質なものばかり。洋服だけではなく、アートや文化など良いモノというものが自然と体に染付いている彼らは、Chambre42というプラットホームを設けて、音楽や本、アートなど彼らの世界観を表現しています。パリのカルチャーも持ち合せたブランド、面白いですよ。

Editions M.R 2016AW Collection

1
2
3
パリのライフスタイルと伝統的なフランスの技術、そして日常を切り取ったかのようなモダニズムとエスプリが融合して生まれるÉditions M.Rは、シンプルで上質、洗練されたコレクションを特徴とします。洋服とは旅路の連れであり、生きものである。上質な生地で仕立てられた服を繊維がすり切れるまで着用し、持ち主と一緒に歳を重ね、人生の様々な場面を歩む。そしてそれは、いつしか世代を超え代々受継がれるべきものである、という考えのもとコレクションを発表しています。

2016AW、ブランド名を「MELINDAGLOSS」から「Éditions M.R」としてスタートする最初のコレクションで発表するのは、 で馴染深いパリのホテル・ラ・ルイジアーヌから着想を得たホテルでのワードローブがインスピレーション。

ホテル、それは屋内に広がる世界。友達を部屋に迎え入れる時の刺激的で暖かい空気。部屋着のローブを纏い素足にスリッパを履き、新聞や煙草を買いに行く。そして、それはファンタジーでもある。自由で移ろいやすい暮らし。軽い旅行鞄に詰まっているもの、そこにあるのは自分にあるもの全てであり、欲しいもの全てである。

秋冬よりEditions M.Rは、navy noteの一員となりました。絶妙な色合いとサイジング、カジュアルでありながら品の良さを感じるこのブランドを、より一層、多くの方々に愛されるブランドにしていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

Editions M.R

to_top