1

17ss Editions M.R Press Preview

123%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-03-21-35-27%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-03-21-35-37%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-03-21-35-48%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-03-21-36-14
2日間に渡って開催したEditions M.R 2017SS Press Previewも無事終了。大勢の皆様にご来場いただき、沢山の笑顔をもらいました。本当にありがとうございました。展示会ラッシュにも関わらず、来て下さった皆様、いっつもバタバタしていてゆっくり話したくても話せなくて、改めて個人面談制にしたいくらい。。
2017ssのコレクション、どういった反応があるのか気が気じゃなかったけど、とても反響がよかった。まだまだこれからのブランドで、ブランドにとっての特徴というか象徴的なアイテムが分かりやすい形であるわけではないけど、それでも明確な言葉にできない何かがそこには存在しているみたい。それは信頼おける関係者の方々からも、同じことを言ってもらえたのが、私の後押しをしてくれた。シンプルでクラシカル、カジュアルなブランドだけど、絶妙なシルエット、絶妙な色彩、クラシカルで上品とカジュアルを組み合わせた品々、それは幼い時から自然と良いモノ(上質なモノ)に触れてきたからこそ生み出せる技で、やろうと思ってもできるものではない。良い素材を使って作ることはできるし、それを高く売るのも簡単なこと。それをいかに手に取りやすく提供するかって、案外できそうでできないもの。それができているのが、このEditions M.R。なんだか上手く言葉に表せないけど、他とは類をみないものが、そこには確実に存在している。見えない延びしろが沢山存在する、Editions M.Rをどうぞよろしくお願いします!