1

伝説の眼鏡デザイナー、ローレンス ジェンキンが遂に始動

1
穏やかな笑みを浮かべる彼こそ、イギリスの眼鏡史において重要な役割を果たしてきたlawrence jenkin(ローレンス ジェンキン)本人である。彼の名前を知ったのは、blincの荒岡さん(兄)による興奮冷めやらぬ熱い話しがきっかけだった。荒岡さんにとってローレンスさんはメガネ界の神の様な存在で、熱い話しの際に、嬉しくて撮ったという2ショット写真を見せてもらい、このプロジェクトの始動に至るまでの9年にも渡る交流を聞かせてもらったのだ。その想いが、こうやって形になったのは、なんだか人ごとではない気分がする。ぜひ、ローレンスさんのこと、そして荒岡さんとの交流のことを、blincのHPでチェックして欲しい。